年とともに徐々に蓄積もしやすくなる、中性脂肪・コレステロール。
皆さんは気になったことはありませんでしょうか?
私の周りでも徐々に健康診断などでも指摘される人が増えてきています。改善を指摘されたが、面倒だと感じる方もいますよね。
楽して結果を出したいのが人間の性です。こと健康においてもそう言えます。
世の中には様々な中性脂肪・コレステロールの低下に役立つ食品やサプリメント(オメガ3脂肪酸サプリ)などが溢れています。
もちろん、そのようなものを選択する事も大事なんですが、人間は動く生き物です。
必ず活動ありきで物事を考える必要があるのではないでしょうか?
そこで必要なのが「有酸素運動」です。
有酸素運動とは何か?
ジョギングやウォーキングなど「ある一定時間続ける必要のある運動」です。
腕立て伏せ、腹筋運動などは含まれません。
私も加齢と共に徐々に中性脂肪・コレステロールが落ちにくくなってきました。
そこで、とにかくまずは「歩くこと」から始めています。
ちょっとの距離でもすぐに車やバイクなどを使っていました。
特に車を使用頻度が増え始めてきた頃より肥満傾向になり、健康診断でも指摘され始めたと思います。
ちょっとの買い物や用事ぐらいであれば、「とりあえず歩く」それに加え、食べ物に関してもカロリー表示を確認して極力カロリーが低い物の選択をしています。
特に最近気にかけているのは「飲み物」で、いわゆるトクホという物を選ぶようにしています。
体調に変化が出てきてからでは遅いので、普段のちょっとした事から気をつけています。

Tags : ,

私は今までお金を借りたことがありません。
銀行や金融会社だけでなく、身内からも借りたことがありません。
どうして借りたことがないかと言うと、借りることが嫌だからです。
お金を借りることに抵抗がない人もいると思いますが、私は抵抗があります。
身内からお金を借りれば利息も付きませんが、銀行や金融会社などから借りると借りた金額に応じて利息が付きます。
利息が付くと言うことは、借りた金額以上のお金を銀行や金融会社などに返さなくてはいけなくなります。
そういうことを考えると、利息分のお金がもったいないなと思います。
独身の頃は一人暮らしをしていましたが、給料で家賃や食費などをやり繰りして足りなくなることはありませんでした。
たまに給料日前はお金が少なくなることもありましたが、その時は節約するなどして対応をしていました。
今は結婚して専業主婦をしています。
子供が1人の時は貯金も出来ましたが、子供が3人に増えた今はあまり貯金も出来なくなりました。
月によっては赤字の時もあります。
それでも何とかやり繰りして、車を買い替える時もローンを組まずに一括で購入するなどお金を借りずに生活してきました。
我が家はまだ家を購入していませんが、これから家を購入するとなると住宅ローンを組むことになると思います。
住宅ローンを組むとしてもなるべく住宅ローンの金額を少なくして、頭金をたくさん入れたいです。
これからも収入の範囲でやり繰りをして、どうしても赤字の時には収入を増やしていきたいです。
お金を借りることなく生活していきたいです。

私がお金を借りたいと思うときは、半ば依存症になっているギャンブルで負けて貯金が底をつきたような状況の時です。
もうさんざん負けてはいるものの、これだけ負けているのだから次こそは絶体に勝てるであろうというなんの根拠もない思い込みがそうさせてしまいます。

これまでにも何度もそういった状況に陥っており、そのたびに借金してでもいいから一発当ててやろうという思いに駆られてきましたが、今のところは実際に借金をしてまでギャンブルをすることはなく歯止めをきかせてきました。

ただあくまで今のところはそうであるというだけで、今後も一切借金することはないのかと聞かれれば、そうであるとは言い切れない部分があるのが我ながら恐ろしいことです。

もし万が一借金をするとしたら、周りには迷惑をかけたくないのでとりあえず消費者金融にでも借りることになりそうです。
しかし消費者金融に関しては金利が高いと言われているので、ギャンブルで負けて借金をし、更に借り入れしたお金で大負けすればなんとなくもう借金地獄からは抜け出せそうにありません。

一応収入はあるのである程度の期間我慢すればなんとかなりそうですが、正直私にとってギャンブルは衣食住と同じくらいに生活になくてはならない程大きなものになっており、とてもじゃ無いですが長い期間ギャンブルをやめることはできなさそうです。

ただギャンブルを行う頻度自体は減らせそうなので、なるべくパチスロなどにはいかないようにして別の趣味でも作りたいと思います。

花粉症のサプリ

さて、このとんでもない寒さも問題ですがこれを乗り切ってもやってくる春の花粉症。
悩んでいる方も多いと思います。
年によって度合いは違いますが、2014年は例年より少なめらしいです。
これだけでもありがたい情報ですね。

防ぐ方法としては、やっぱりマスクです。
何せクシャミを連発していては、どうしても仕事が遅くなりますし周りへも迷惑。
しかし、目の充血は正直完全に防ぐ方法は無いと言ってもいいと思います。

ケアしても、いざ次の日職場へ向かうために外へ出たらもうどうにもなりませんからね。
かといって目はマスクと違い塞ぐわけにもいかないので、春は辛い時期です。

実際、目薬をさすくらいしか無いですね。
結局外に出れば花粉は飛んでいるので、何をしてもすぐまた充血してきます。

例外として、アイボンはあまりお勧めできません。
アイボンはその場ではすっきりしますが、目の必要な成分も花粉と共に洗ってしまうのでドライアイの原因となります。
もちろん適度な使用なら問題ないとは思いますが、スッキリ感につられて何回もやるのは危険です、絶対に止めてください。

目にせよ鼻にせよ、花粉症は根本的な解決はできません。
そして、何を言おうと春はやってきます。
今年も奴らと戦う覚悟を決めて、乗り切りましょう。

Tags : ,

男女関係っていうのは信頼ってすごく難しいと思います。
どうしても嫉妬などが出てきてしまっていて、友人関係であればなんともないことでもどうしても裏を考えてしまったりネガティブに受け取ってしまって関係が崩れてしまうということがとても多いと思います。
私が今まで色々自分が経験したり、周りを見て思うのはやはり一緒にいる時間をある程度確保することが大切だと思います。
私の場合は社会人で会社にかなり拘束をされています。
仕事優先で就職をしたために、プライベートがどうしても優先順位が仕事の次に来てしまっていたので恋人と一緒にいることも話を聞くことも、相手を思う余裕もないぐらい忙しくしていました。
そしたら、今まですごくうまくいっていた関係が相思相愛だったはずだったんですけど、知らず知らずのうちに彼を傷つけていました。
連絡もしないし、約束は破るし、ほぼ会えないし、もちろんスキンシップもなく疲れてすぐに寝てしまうということばかりでした。
でも、本当に彼が大好きだったので別れはショックでした。
ただ、今考えると仕方ないことだなって思っています。
相手を思えない、自分中心でいるということで感じやすいだけではやはり円満にはなれないと思います。
なので、どこかで譲ってあげることや合わせることっていうのは本当に大切だと思います。
それが相手への思いやりだと思うし、一緒に生きていくことだと思いました。

Tags :

わたしは昔普通肌でした。まったく敏感肌などではなく、肌は丈夫で何も心配がなかったことが自慢でもありました。20代の頃もまだ普通肌だったと思います。普通肌用の化粧品を使っていても不都合なことは起こりませんでした。

だけど、30代の後半あたりから急に肌の状態が変わりだしました。なんていうか、はじめは肌が乾燥するところから始まったのですが、特別なことはしていないというのに肌が乾燥しはじめました。

顔とすねが特に乾燥して、顔は粉をふくような感じになりかなり悩みました。なので、お風呂上りには保湿クリームを付けることが習慣になりました。顔もすねもカサカサの肌になってしまうようなことが思いあたらないのに、いつしか寒い季節になると毎年敏感肌の症状が出るようになりました。

改善法としては、敏感肌用のスキンクリーム(30代敏感肌の自然派化粧品)を顔にもカラダにもたっぷりつけると肌の乾燥が落ち着いて痒みがおさまります。スキンクリームは高価な物じゃなくても十分効果があります。

Tags : , ,

剃った後のケア

ムダ毛を剃った後の悩みと言えば、やっぱりお肌がかさつくことですね。そりゃあ、ローションもなにもなしに、いきなりシェーバーあてて剃り始めていたら、お肌はかさつくでしょうよ、とは言われてしまってはそこで終わってしまうのですが。

けれどもまあ、加齢ですよね。若い頃は、カミソリならばまだしも、シェーバーでムダ毛を剃ったぐらいでは、剃った後にカサカサするなんてことなかったですから。けれども、今ではカサカサになってきてしまっていますね。

けれども、ローションを塗るとシェーバーの剃り具合が甘くなるように感じますし、シェービングクリームをのっけるのでしたら、カミソリでないと剃れないですからね。まあ、それよりなにより、面倒臭さも勝ってしまって、そしてなにもなしで脚の毛や腕の毛を剃り始めてしまっているのです。

そしてその後にお肌がカサカサしてしまう…と、いうわけなのですよね。けれどもまあ、事前にはなんにもしないにしても、ムダ毛を剃った後は保湿クリームなどは塗っていますが。けれどもあまり対応しきれていない感じですね。

Tags :

薄毛シャンプー女性・・・(女性の薄毛シャンプーは女性のために作られた女性専用の育毛シャンプーを選ばないといけません。)

旦那がハゲ家系のため、まだ禿げる前兆もない30代の頃から、育毛シャンプーを愛用しています。
私は女性ということもあって、それほどまでには頭髪に関しては気にしてはいませんでしたが、しかし先日、育毛シャンプーを使ってみて開眼しました。
もう、洗髪後の爽快感はやみつきになります。

実は、私が使っているシャンプーがなくなってしまったので、旦那がいつも使っている育毛シャンプー(私の使っているシャンプーよりも値段が高い)を借りたのですが、さすが「育毛」と名付けているだけはあって、確かに頭髪に良さそうですね。

旦那によると、「育毛シャンプーは毛穴や地肌の清潔さを第一に考えられてつくられている」とのことで、だからこそ洗い上がりがものすごく気持ちが良いのでしょう。

私はこれまで育毛剤も数回使ったことがあるのですが、育毛シャンプーの洗い上がりの爽快感は、スプレーの育毛剤を使った際の感覚に近いかも知れませんね。

とくに蒸し暑い夏の時期は、なおさら育毛シャンプーが気持ちが良いです。
私はこれまでは、「夏場はメリット」と思い込んできました。
しかし先日開眼したことによって、これからは育毛シャンプーですね。
洗い上がりの爽快感はメリットの比じゃないです。

それに私も三十路に入って、髪にボリュームがなくなってきましたので、良いタイミングかも知れません。

Tags :

来月なのに私にはお金がありません。大好きな友人が結婚をするのです。七年遠距離恋愛をしてきた二人なのです。やっと友人の願いが叶ったのです。

私はどうしても二人の結婚を祝福してあげたいのです。でも私には結婚式に出席するお金がないのです。手ぶらでは行けません。洋服やバッグに靴などは、姉のものを借りようと思っています。

でもご祝儀が必要なのです。私は今までお給料はあったらあっただけ、使ってきました。それがいけなかったのでしょう。こういった突然の出費にはお金が用意できないのです。

そんな時、私は姉にお金を借りました。姉にわけを言って、洋服とバッグと靴を借りると同時にお金も借りたいと頼んだのです。もちろんとてもむなしかったです。申し訳なかったのです。でもそんな事も言っていられません。来月には結婚式があるのです。もう決まっているのです。

姉は快く貸してくれました。仕方がないと言って五万円貸してくれたのです。なるべく早く返そうと思っています。

総量規制対象外>個人への貸付けって「総量規制」というものがありますよね。これは過剰な貸付けを防止するために法律で定められたもので、年収等の一定の割合までしか借りることのできないってことですよね。

うちは節約生活をしていて、娘の服はオークションなどで安く手に入れています。
ブランド物などの中古を着せているので、それなりに可愛く見えますが、ショッピングモールなどに足を運んだ時に
新品の可愛い服を買ってあげたいなと思います。

そういった時はお金がほしいなと思いますが、子どもの成長は早いので服にお金をかけてももったいないと思いなおします。
そして買い物にお金をかけるなら、旅行をしたり思い出作りのためにお金を置いておこうと考えます。

どうしても買いたいと思う時には、家計からは厳しいことが多いので、私の独身時代の貯金から購入するようにしています。
買いたいなと思った時に5回に1回ぐらいは買うことで、他の時に我慢をしても自分の気持ちを落ち着けることができるので
そういった方法も良いかなと感じています。

お金はほしくて仕方ないですが、ないものは仕方ありませんし、気持ちの持ちようで自分を満足させるしかないかなと思っています。

Tags :